Home 未分類, 雑記, mac Butterfly Keyboardのmacを直しながら大事に使う話
未分類mac雑記

Butterfly Keyboardのmacを直しながら大事に使う話

Butterfly Keyboardのトラブルは不可避!

macbook pro 2016 15インチを使い始めてはや数年。

前の会社に在職してたときに買ってもらい、2年くらい使用。その間キーボードは2箇所くらい故障してAppleストア持ち込み修理。

そして、退職&独立するタイミングでmacを返納して、個人で同じ型のmacを購入。だって、スペックの割に超割安だったんですもの。

それから1年ちょい経って今も使い続けているわけですが、半年ほどでBキーとCommandキーの反応が悪くなり、こないだCommandキーのキートップが勝手に外れるようになり、今日はJキーがまったく効かなくなりました。

さすが悪名高きButterfly Keyboard。トラブルは絶えませんな。

キートップが外れるようになるのは直せないですが、キーの反応が悪くなる問題は対処法をバッチリ身につけたのでメモっときます。

※結構荒いので、自己責任でお試しくださひ

修復のための必須アイテム

Apple公式はエアダスターでの掃除を推奨していますが、僕のmacちゃんはエアダスターじゃ直りませんでした。いやホント全然直らない。甘っちょろいぜエアダスター。

https://support.apple.com/ja-jp/HT205662

トラブルの原因は小さなゴミが内部に入り込んでしまうことですので、たぶん吹き飛ばせない所に入っちゃったんでしょうね。

てことで、オススメはアブソーバー。要は卓上小型掃除機です。

僕が使ってるのは↓。ブラシノズル付けてゴシゴシ吸いまくってます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07Q856FP4/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_TEEzEbPBJK7KW

キーの反応がおかしくなったら、とにかくアブソーバーで吸いまくる。それでもダメなら75°なんて甘っちょろいことは言わず、macを上下逆さにし、該当キーを連打したのち逆さのまま吸いまくる。

これでエアダスターじゃ取り除けないゴミも取り除けます。いやー、地球に重力があってよかった。重力なければこんなにゴミが詰まることも無さそうだけど。

それでも直らないときは

慎重にキートップを外して、アブソーバーで吸いまくる。意外とゴミが溜まってたりします。

ちなみに、キートップの留め具が折れる可能性があるので、直らないとき以外はやらない方が良さげです。

手順は↓のサイトを参考にさせていただきました。

Author

いじょる

フリー開発者。 Webサービス・スマホアプリ・ゲームなど作ってます。 新しいもの好き。 アイデアひねり出す人。 【当ブログ以外の活動】 ・Qiita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*