『もうちょっと「雑」に生きてみないか』という本を読んだ。

https://www.amazon.co.jp/dp/4860815599/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_sBRWDb9BQ1BCR

この本には、真面目過ぎて疲れちゃってる人の固定観念を打ち壊しつつ、いかに雑に楽に生きていくかのアドバイスが詰まっている。

自分もそこそこ真面目な方だと思うが、そのせいか「やるべきことはちゃんとやろうぜ」って意識が強い。

例えば、電車だと「みんな降りてから乗ろうぜ」とか、「混んでる時にドア近くに居たら降りようぜ」とか思っちゃうわけで。これ自体は別に特殊なことじゃなくて当然な気もするが、「当然」と思っているがゆえにマナーを守らない人を見るとついイライラしてしまう。

思い返すと、普段他の人の行動を見ている時に「そこは気を使うべきでしょ・・・!」と思っちゃうことが多い。この本を読んで、自分のルールを他人に押し付けようとしていることに気付かされた。

自分が「当然」と思っていることをやらない人、出来ない人が居ても目くじら立てず、「あら残念」くらいの感覚で適当に受け流せた方が、精神的な負担が小さいのは間違い無いだろう。

ひたすら真面目過ぎることのデメリットと雑さのメリットを解説してくれていて、気付かされることが多かった。

雑に生きれば寿命延びたりするかな?:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

*