スティーヴン・ガイズさんの「小さな習慣」って本を読んだ。

超要約すると、物事を習慣化するためにはちゃんちゃらおかしくなるレベルまでハードルを下げようぜ&具体的にしようぜって内容。

例えば、筆者の方は腕立て伏せを1回することを毎日の目標に掲げて、それを軽く超える大きな成果を得たらしい。

これって物凄く納得出来ることだと思っていて、例えば新年の誓いで「毎日運動しよう!」と誓いを立ててもモヤッとしちゃってるし、「毎日1km走るぞ!」とか誓っちゃうと雨の日に心の中で2人の自分がケンカして「雨だししょうがないよね」ってなっちゃう。

そんなら失敗しようのない目標にして、習慣化しちゃおうぜと。

(他にも色々参考になるコトが書いてあったので、ぜひ読んでみてくださひ)

そんなこんなで、アウトプットを習慣化すべく久々に記事を書いたというわけデス。

目標のひとつに「1行でも良いから、公開する」ことも掲げてみた。

この目標に関しては、勝負の分かれ目は「いかに自分の中の心理的なハードルを下げるか」になりそう。

文章を毎日1行書くのは正直誰でも出来るはず。

果たしてどうなるかなー?乞うご期待\(^o^)/

One thought on “「小さな習慣」って良さなのでやってみようっていう話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

*