Oculus Questを購入して色々いじってたところ、ALVRというツールを使えばUnityエディタ上で開発してるVRゲームをビルドせずにQuest上で動かせるという情報を目にしたので、早速トライ。

環境はもちろん、普段使いしているmac!

2016の15インチProだからグラボは積んでるし、ALVMはWindows専用っぽいけど、VMWare FusionでWindows入れてるし大丈夫っしょ!(というのが甘かった)

関門1:ネットワークが繋がらない

ALVM起動すると、デバイスが見つからないと言われた。

UDPの9944版ポート開放が必要らしいけど、FireWallとかルータ側は問題無いハズ。

これはVMWare Fusionに依存した問題で、macのネットワークを共有してたのをブリッジ接続に変更すれば解決できた。

関門2:グラボだめ

これは回避不可能だった。

ALVMを動かすにはSteam VRが必要っぽいのだが、Steam VRを動かすためにはハイスペックのグラボが必要な模様で、Steam VRが動かない。

そしてALVRでは↓のエラーが発生。

手元のmacのグラボはこれを満たしていない。(ってか、macで満たしてるやつってあるのかな・・・?)

結論:ムリ!

ALVR動かしたいなら、素直にハイスペックグラボを積んだWindowsマシンを準備しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

*