PlantUMLを使うと、クラス図も文字だけでサクサク作れる。

そしてPlantUMLを使うなら、Visual Studioだと超簡単。

ってことで、よく使うことを自分用にメモ。

PlantUMLのインストール

こちらの素晴らしい記事を参照。
https://qiita.com/couzie/items/9dedb834c5aff09ea7b2

図のプレビュー

拡張子「.pu」で保存したあと、Alt + D

図を保存

Command + Shift + P → 「カーソル位置のダイアログをエクスポート」 を選択で保存される

クラス図テンプレ

こちらの素晴らしい記事を参考に、よく使いそうな書き方をピックアップしてみた。
https://qiita.com/ykawakami/items/f6688b845945669f0ce5

書き方詰め込んだ図
@startuml

package TestPackage {
    class TestClass {
    {static}staticProp: string
    normalProp: int
    {static}staticFunc()
    {abstract}abstractFunc()
    normalFunc(name: string): string
    +publicFunc()
    -privateFunc()
    #protectedFunc()
    ~packageFunc()
    }

    interface ITest {
        normalFunc(name: string): string
    }

    ITest <|.. TestClass
}

enum Status {
    Normal
    Poison
}
note left: ステータスのEnumです。

Center - Right
Center -- Down
Center ----- DownLong
Center -left- Left
Center -up- Up

note as LayoutMemo
    クラスの繋がりをいろんな方向に伸ばせる
    ただし、配置的にムリな場合は矯正される
end note
LayoutMemo .. Left
LayoutMemo .. Up


package Internet {
    package MyWebSite {
        WebPage "0..*" o- "0..1" CSS: 集約
        WebPage "1" *-- "0..*" HTMLElement: コンポジション
    }

    WWW <- WebPage: 関連1 <
    AccessLog --> WebPage: 関連2 >
}

note top of MyWebSite: 私のWebサイト

@enduml 

シーケンス図テンプレ

とりあえず最低限の図
@startuml

title "this is test."
test -> hoge: A
test <- hoge: B

@enduml 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

*