フリーランスになるにあたって、11月&12月は自宅作業の割合を増やしました。
でも、実際やってみるとかなり大変。

僕は自制心があんまし強くない方で、自宅作業してると気になることが多くて集中力が途切れまくります。
家だとめっちゃ屁出るし。

そこに小さな子どもたちまで加わると、もうシッチャカメッチャカ。
生産性もクソも無い。

フリーランスになるのに、コレはイカン。死ぬる。
ってことで、何点か対策を実践してみました。

タスクの粒度を可能な限り細かくする

これまでは「〇〇の機能を実装する」みたいな粒度のタスクに対して考えながら手を動かすことが多かったんですが、これ非効率でした。(ホント仕事の進め方が下手だった・・・)
取り掛かる時点で先に実装内容とかをしっかり洗い出して、頭を使わずとも手を動かせる粒度のタスクにバラすことで、仕掛り途中で集中力が切れても迷子になりづらくなりました。

ただし、慣れてない作業はバラしづらいのが難点。
なんかうまい方法あるかなぁ。

思いついたことは、いったんTODOリストに放り込む

ふと頭にアイデアとか疑問点が浮かんだ時、家で作業してると気兼ねなく調べ始めちゃえるのがヤバイ。
調べ始めると仕事が進まなくなるので、浮かんだことをTODOリストに放り込んで作業を継続、調べ毎含めた雑務を一気にやっつける時間を後でとるのがGOODかと。

まだ習慣化し切れていませんが、このパターンで集中力が途切れることは多いので効果は大きいんじゃないかと思ってます。

作業内容に応じて音楽を変える

音楽好きなので、音楽流すとモチベーションが上がります。

高い集中力が必要な作業はジャズかクラシック。
物書きをする時はJロック。
めんどくさい作業をする時はデスメタル。

ジャンルの向き不向きは人それぞれでしょうけれども、少なくとも集中力が必要な作業では、日本語の歌詞がある曲は流さない方が良さげ。言葉を聞き取ろうとして集中できなくなっちゃうので。

運動する

家で作業していると全然体を動かさないので、お腹が空きづらくなりました。
集中力を欠いて頭が働いていなことが多かったので、余計にかもしれません。
やっぱ運動は必要ですね。

時間は食いますが、集中力50%で8時間仕事するよりも、運動1時間+70%の力で6時間やった方が成果は上がるわけで。
後述のカフェ作業と組み合わせて、「カフェまで走っていく」ってことを意識的にやったりしています。

好きなことをする

煮詰まった時は「好きなことを、決めた時間だけする」のが効果的。

僕の場合、集中力切れたらゲームを30分だけやるとかなりリフレッシュ出来て、集中力がアップしました。
休憩を適度にとるべし、ってことでしょうね。

外で仕事する

自宅にも作業スペースは確保したものの、四六時中そこに居るのはヤバイと感じました。

全く体を動かさないし、人の目が無いとどうもダラケてしまう。
その上子供が急に人形持ってきて、後ろで遊び始める。
劣悪だけど、家だから仕方ない・・・。

その点、カフェ作業は最強。今さら言うまでも無いかもだけど、実際やってみて最強だと思いました。

カフェは程よい雑音が良いと言いますが、僕が感じたカフェのメリットは「人の目」と「雰囲気」。
DOUTORやエクセルシオールは作業スペースっぽい席が準備されている店舗が多くて、仕事や勉強を頑張る人たちが日々集ってます。
そういった方々が醸し出す雰囲気をもらってパワーに出来るので、集中力は抜群に上がります。

あと、次点として屋外開発もオススメ。公園とかにチョコっと座って仕事してると、リフレッシュしつつ仕事するという不思議な体験が出来ます。
冬は寒すぎて仕事にならないのが難点。

まとめ

生産性が低いフリーランスは死ぬる。
うまく時間と環境をやりくりして、仕事の密度を上げていくぞ!:D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website

*